名古屋発でusjへ遊びに行く場合、宿泊はもちろん日帰りでも時間的にはたっぷり楽しめます。

しかし一番理想なのは夜行日帰りで行く事です。名古屋発の場合は、往復のバス代金とusjの1日券がセットで16000円程度となっており、前日の夜に名古屋を出発し当日の朝8時頃から21時半すぎまでusjをたっぷり満喫でき、翌日の早朝に名古屋に到着します。

このコースのメリットは時間のロスが無い点です。名古屋発の場合は微妙な距離があるため、通常の日帰りで行く場合は早い時間帯の新幹線を使用する必要があり、お金もそれなりにする上、初めて行く場合は新大阪駅などの乗り換えで迷って時間をロスする危険があります。

帰りも電車の時間を気にしながら遊ぶ事になり、せわしない部分があります。夜行日帰りの場合は、帰りのバスの出発時間はあらかじめ決まっており、usjの入口付近から出発するため時間をあまり気にせずに遊ぶ事ができます。

夜行バスを利用する最大のメリットとして、バス車内で熟睡できるため、学校や仕事が終わってから出発し、熟睡して体力が回復した状態で思いっきりusjを満喫する事ができ、帰りもたっぷりアトラクションなどを満喫した後車内で熟睡して体力が回復した状態で名古屋に到着できる点があげられます。

車の中は冷暖房などの空調が効いているため、熟睡場所としては最適です。通常の日帰りでは時間的にせわしないが、現地で宿泊した場合は宿泊代が高いため、バス車内で宿泊する夜行日帰りでの旅行が名古屋発の場合は一番理想となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *