世界遺産登録が行われてからは日本各地より富士山の山頂を目指す人が急増しています。

東京や神奈川県などの場合は高速バスを利用したツアーは5合目までダイレクトアクセスなどからも人気が集まっています。

高速バスを使ったツアーは、九州の福岡発の便もあり、バスに乗ったままで出掛ける事が出来るメリットを持ちます。富士山の5合目は標高3776メートルの半分などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、コースに応じてスタート地点の標高が異なります。

富士山のルートは4コースがあり、静岡県側の富士宮ルートは標高2380メートル地点が五合目、須走は1970メートル地点、御殿場は1440メートル地点がそれぞれ五合目になります。

また、福岡発のツアーで選ばれる人が多い山梨県側の吉田ルートは標高2305メートル地点が五合目です。

初心者などの場合は、ある程度標高を稼いでおいたほうが山頂までの難易度も低くなるので、2380メートルの富士宮や2305メートルの吉田ルートが便利です。福岡発のツアーを選ぶ時にも、登山口がどこになるのかを調べておけば、山頂までの道のりが楽になります。

ちなみに、須走ルートは標高差が約1800メートル、4つのルートの中でも難易度が高めです。但し、4つのルートの中では距離が比較的短く、登山者の大半は他のコースを選ぶなどからも、静かな登山を楽しみたい人や混雑するシーズンに富士山の登山を楽しみたい人などには最適なコースと言えましょう。

それぞれのルートの特徴をチェックしておくのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *