もうすぐ冬の旅行シーズンが始まります。

家族や友達同士で、今のうちからどこに行こうかを相談し合っている方も非常に多いのではないでしょうか。いろいろなプランが考えられるでしょうが、、その中でもスキーが最適な選択肢になると思います。スキーという遊びは、一昔前では映画やドラマの舞台になるくらい一躍ブームでしたが、ここ数年あまり人気とは言えない状況が続いています。日本各地のスキーリゾートは倒産や閉鎖が相次いでいて、観光業界にとって大きな痛手となっています。

この理由はいくつか挙げられますが、やはり冬の間だけ営業するというスタイルは、経営を維持するための相当な努力を必要とします。そもそも冬の間だけしか主な収益源がないのは企業にとって致命的ですし、それだけ低収益高コスト体質にならざるを得ません。またリゾートへのアクセス面も非常に不便で、その分旅行者側が支払うコスト面も重くのしかかってきてしまいます。でも最近では、スキーブームの再燃が期待されています。その要因の一つに、外国人旅行者の増加が考えられます。

特に多いのが北海道への団体客で、現地のパウダースノーは外国人にとても好評なんだそうです。各リゾート関係者は日本人に限らず、外国人観光客も積極的に誘致すべきです。例えば外国語ができるスタッフを常駐させる、免税のお土産店をもっと増やすなど、いろいろなアイデアがあるでしょう。現地のスキーリゾートがどんどん潤い、それが日本の国益を押し上げる日は非常に近いのではないでしょうか。
3

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *