最近は貸切バス部門や観光部署で日帰りバスツアーを組むことが盛んになっています。

日本のあちこちが有名な施設が出来たり、名古屋の近辺などは伊勢志摩サミットの影響もあって伊勢の名所を巡るツアーが組まれています。観光バスと言っても高速バスで採用しているプラズマプラスターが標準装備としているバス会社もあります。日帰りバスツアーを利用する場合は募集人数に気を付けてください。

最少人数の申し込みがない場合その日のバスツアーは実施できません。この場合は基本的に支払った額の全てが返金されます。また日帰りバスツアーの場合は市役所などの大型バスが駐車できる場所が受付になる場合が多いです。なので受付場所の確認は必要です。受付できない場合は当日キャンセルと判断される事もあるのでパンフレットなど隅々まで確認する事が大切です。その際に緊急連絡先もメモしておくと当日に焦ることはなくなります。最近はバス内を禁煙にしている会社もありますので注意が必要です。アルコールもトイレが近くなる原因となるので控えた方が無難です。

有名地を観光するバスツアーならバスに戻る時間を守らないと帰宅も遅くなります。他の方に不快感を与える行動は控えた方が良いですし、道に迷った場合などでバスに戻れなかった事も想定して携帯電話はマナーモードで受信確認できる状態にしておく事も大切です。場合によっては近くの出口にバスが回すことも出来ますから、通話可能の状態にしておけば最悪のケースは逃れることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *