チリのツアーのほとんどがイースター島巡りです。

しかしチリの中心部を観光したい人もいて、そのような人々におすすめなのがサンディアゴツアーです。サンディアゴはチリの首都で、1930年代から近代化が進みました。1985年の地震で歴史的建造物は破壊されましたが、ビーチスポットやスキーリゾート、ワイナリーなどツアーで回れるスポットは多いです。サンディアゴで外せないのが旧市街地です。植民地時代のコロニアル調の建物が並んでおり、国立歴史博物館やアルマス広場などがあります。

歩行者天国となっている通りには商店街が軒を連ねています。旧市街から東には新市街が広がっています。チリの新しい中心地でオフィスやショッピングセンターが多いです。ホテルは非常に設備が整っており、治安も比較的安全なので宿泊に適しています。ビーチリゾートとして有名なのは、ビーニャデルマルです。サンティアゴからは鉄道で訪れることができます。

海水温は低いので海水浴をする人は少ないですが、砂浜に寝転がって青い海や空を眺めるために国内や周辺の国からたくさんの人が集まります。週末は特に賑やかになり、レストランやカジノが充実しています。サンタリタのワインは日本でも有名で、ワイナリーツアーではこの場所が選ばれます。ワイン作りを見学したり試飲も可能です。ワイナリーの敷地にある屋敷はホテルとして使われており、フランス風の庭や教会は写真を撮りたくなる景色です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *