日帰りでスキーに行こうよと思ったら、そうですね、朝の5時に仲間の車が駅前に集合、途中のコンビニでチケット買って、食べ物も仕込んでおく、8時前にはゲレンデ前駐車場に到着。

車の中で着替えて、腹ごしらえするうちに、ゴンドラリフトが動き出す。ゴンドラ一番乗りで頂上からフレッシュスノーでご機嫌なんてのもいいですね。ところが、そんな甘い見込みを立てていると、朝の高速道路が渋滞、スキー場までのアクセス道路が大雪で簡単に走れない。遅れて着いたら駐車場が満車などという目にあいます。

そうなると、やはり出発は日帰りと言っても、前日遅くまでテレビ見て、日が変わったら、集合出発、夜明け前に到着、仮眠してゆっくり滑り始めるというのもありですが、氷点下の駐車場ではアイドリングしていないと凍え死んでしまいます。レストハウスによっては夜間営業で受け入れてくれるところもあり、そんなところでラウンジで休憩、ロッカールームで着替え、さらに朝食もありつくというのが良いのかも知れません。ところが、もしあなたが、札幌にいるとなると、そんな心配はありません。

すすきので朝まで遊んでいても、スキー場のえり好みなければ、スキー場までのアクセスは1時間以内、駐車場も混まない、ゴンドラやリフトも混まない、半日券でも十分、ゴンドラなどでも5回以上乗れ、3時前には札幌に戻って、夕方宴会を始めることが可能です。こんな日帰りスキーが楽しめる札幌生活はお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *