手軽に安くスノボに行けるためとても良いのがバスツアーです。

そんなバスツアーですがちょっとしたことを気をつけるだけで更に楽しく快適な一日を過ごすことができます。それは服装です。バスで行けるしボードウェアがあるからと油断して薄着で行くと大変です。途中サービスエリアに寄りますがそこで既に雪が降っている場合も多く、暖かい格好は必須です。スキー場についてからも、バスから降りセンターハウスまで長い距離を歩くこともありますので、しっかり防寒対策をしていきましょう。

特に靴は、革のブーツなどを履いていくと雪で濡れてだめになってしまいますし、スニーカーだと底から濡れたり、雪が積もっている場合は、上から雪が靴に入ってしまうことになりますので要注意です。できればしっかりと滑り止めのついたスノーシューズがお勧めです。もっていない方はお洒落なレインブーツでも良いと思います。またウェアの入った大きな鞄を運ばないといけないため、手はポケットで温める、何てこともむずかしいです。暖かい手袋と耳まで隠れる帽子を被っていけば安心です。

女性の方は冷え性の方が多く、スノボウェアに着替えてもいくら滑って体を動かしても寒い!ということが多いと思います。そんな方はホッカイロを持参していくことをお勧めします。スキー場でも売っている場合がありますが、種類が少ないのです。足裏に張る小さなタイプのもの、ポケットに入れて手を温めるもの、お腹を冷やさないための大きな張るタイプのもの、これだけ用意すればかなり暖かくなります。スノボのツアーでは、コンビニに寄ったりすることが簡単にできませんので、事前にしっかり準備しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *